もっと便利に快適に。
アサヒタクシーで栃木の観光
やすらぎの栃木路のタクシー観光は
栃木県宇都宮市のアサヒタクシーにおまかせください! 栃木路の観光、タクシーのご用命は、
アサヒタクシーまでお気軽にどうぞ!

◆栃木県の観光ガイド-栃木県の歴史-

栃木県にはすでに石器時代から人が住んでいたことが明らかになっており、
古墳が多いところから、古代には東国の中心だったとみられています。
中世には東国武士団が群立、江戸時代に入ると日光東照宮が造営され、
何本もの街道が集まって大いに発展しました。その歴史の流れを簡単にご説明いたします。
■原始時代
栃木県に人類の足跡が残されたのは50万年前。葛生町で人骨化石が発見され、葛生原人と命名、それが明らかにされました。
また、栃木市の星野遺跡からは13万年前の旧石器時代から縄文時代前期までの石器、土器、住居跡が発見されています。
さらに宇都宮市の根古谷台遺跡(うつのみや遺跡の広場)からも、広範囲に渡って石器時代から弥生時代までの遺物、遺構が多く発見。大谷寺洞穴遺跡や真岡市の稲荷山遺跡も、縄文時代草創期のものといわれています。
弥生時代の遺跡は宇都宮周辺に多く分布、東部の小貝川沿岸、県南の思川、渡良瀬川流域がこれに次いで多く、平野部で稲作が行われたと推測されています。

▲うつのみや遺跡の広場(宇都宮市)


■古代(古墳時代)

栃木県は意外と古墳が多く、
古代には東国の中心地だったとみられています。
紀記によると、崇神天皇の皇子・豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)が東国を治め、その子孫が両毛の地(現在の足利・佐野市など県南部から群馬県にまたがる地域)を統治したと伝えられています。
その後、那須に国造(くにのみやっこ)が置かれ、湯津上村の侍塚古墳は、那須国造の墳墓とみられています。
古墳時代前期の栃木県は毛野国(けぬくに)と呼ばれていましたが、
5世紀には渡良瀬川を境に上毛野、下毛野に分割、これとは別に那須国が存在していました。
蝦夷政策の拠点とされ、今に残る那須国造碑、唐の御所からわかるように、この地方には渡来人が多く住みついたものと考えられています。
7世紀末になって下毛野国と那須国が合併して下野国となりました。
奈良時代になって国分寺、国分尼寺が建てられましたが、
奈良東大寺に次ぐ東国の戒壇院として下野薬師寺が建てられたことは
特筆すべき出来事です。

▲長岡百穴古墳(宇都宮市)

■中世
平安時代には平将門が乱を起こし、下野もその勢力下に入ったが、
藤原秀郷によって平定され、藤原氏の子孫が代々平氏の子孫と対抗しつつ、下野の豪族としてこの地を治めました。
こうして東国武士団が群立して鎌倉時代へ。源氏の後家人として宇都宮氏、小山氏、那須氏らがおり、室町時代には関東管領の治下に入りました。
戦国時代になると、北条氏が勢力をのばしてきたが、小山、宇都宮、那須の各氏は、それぞれの勢力で対抗。
北条氏は豊臣秀吉によって滅ぼされました。

▲平家の里・湯西川の町並み(栗山村)

■近世
関ヶ原の合戦のあと、
徳川家康によって江戸に幕府が開かれて江戸時代を迎えます。
下野は幕府直轄領、藩領、旗本領などに分けられ、日光山の神領もありましたが、元和3年(1617年)、徳川家康の霊廟が日光に移されると、日光奉行所が置かれて幕府の直轄となりました。
将軍参拝のための日光街道、京都からの使者のための例幣使街道をはじめとする諸街道が整備され、土木工事、新田開発も活発なり、幕末には二宮尊徳もこの地で開墾、日光神領の復興に尽くしました。
江戸と会津の中間に位置する栃木県は、戊辰戦争のときは戦場となってしまい、各地にその戦跡を見ることができます。
明治時代に入ると、
足尾銅山鉱毒事件で戦った田中正造のことも忘れることができません。

▲家康公の墓(東照宮奥院/日光市)

|栃木県を訪れる前に|旅のアクセス|栃木県ゆかりの人|栃木県の歴史|栃木県の伝統芸能|
|栃木の観光Top|