栃木県宇都宮市のタクシー会社。観光タクシー、福祉や介護、病院への送迎などもお任せください!

TEL0120-622-333
タクシーのご用命はお気軽に。

那須高原エリアの観光名所

アサヒタクシーで栃木の観光「那須高原」エリアの観光名所を簡単にご紹介・解説いたします。

ボルケーノハイウェイ

ボルケーノハイウェイ

ボルケーノハイウェイ(火山道路)の愛称で親しまれる那須高原道路は、那須の温泉を結んで走る全長約10kmの観光道路。終点の峠には県営の駐車場があり、眼下に広がる展望は雄大そのものです。5月のツツジ、秋の紅葉は必見で渋滞は必至。 多少カーブが急ですが、道路の整備は行き届いて走りやすく、全線のほとんどから那須岳が望める好ロケーションです。

かつては時計回りの一方通行でしたが、拡張工事が終わって対面通行が可能になり、さらに便利になりました。

那須ロープウェイ

那須ロープウェイ

山麓から噴煙たなびく茶臼岳の9合目(標高1690m)までを4分間で結ぶ那須ロープウェイ。高度が上がるにつれ、北は磐梯・吾妻から、南は筑波山まで見渡すことができ、初夏から秋にかけては、山肌をツツジなどが彩り美しいです。

ロープウェイ山頂駅からは火山岩が転がる登山道となるので、歩く場合はそれなりの格好が必要です。茶臼岳噴火口まで約45分、そこから5分で山頂へ。360度広がる大パノラマは、 山頂を極めた者だけの展望で、その雄大さは語りきれません。

茶臼岳(那須岳)

茶臼岳

今もなお白い噴煙を吹きあげている茶臼岳は、那須連山の中央に位置する活火山です。ロープウェイで9合目まで登ることもでき、眼下に広がる大パノラマを堪能できます。

山頂までは歩道が整備されていますので、家族連れや初心者でも気楽に登山を楽しむことが可能です。山頂からは天気が良いと関東平野を一望できて、まさに絶景です。

茶臼岳山麓は、夏は緑が鮮やかで、秋は美しい紅葉が見られます。天候によっては、雲海を見ることもでき、その幻想的な風景に目を奪われます。

殺生石(せっしょうせき)

殺生石

殺生石は、付近一帯の有毒ガス発生地帯につけられた名で、賽の河原と呼ばれる奥にあります。後に「九尾の狐・玉藻の前」伝説で知られるようになった殺生石は、九尾の狐が変化したといわれ、その姿は全身が金色の毛で覆われ、顔は白く、尾が9本に分かれ、子牛ほどの大きさがあったといわれています。

悪事を重ねて民を苦しめた九尾の狐は、この地で追手に討伐されたが、大きな石に化けて毒気を発し、近寄るものは人も動物も殺し、「殺生石」と呼び恐れられるようになったという。その後、室町時代に源翁和尚という高僧が当地を訪ね、殺生石を念力で一喝。 石は3つに砕けて1つは残り、あとの2つは会津と備後まで飛んだといわれているが、いずれも毒気を吐き続けたといいます。

松尾芭蕉は奥の細道で立ち寄り句を読んでおり、その碑もこの地に建てられています。

那須温泉神社(なすゆぜんじんじゃ)

那須温泉神社

地元では「ゆぜんさま」の愛称で親しまれている温泉神社。那須の温泉を発見した際に祠を建てたのが神社の始まりとされています。ブナやミズナラの自然林に囲まれた石段の上に社殿があり、源平の戦いの折、那須与一が屋島で扇の的を射る前に、命中を祈願したと伝えられています。

那須与一は屋島の合戦から帰郷した後、念願を果たせた謝礼として社殿や鳥居を寄進。温泉神社の宝殿には与一が奉納した弓矢などが収蔵されています。

夏休み期間中(7月20日~8月31日)は毎朝6時から8時まで、温泉神社石段下の境内で朝市が開かれ、夏の風物詩となっています。

南ヶ丘牧場

南ヶ丘牧場

「多くの人々が牧場の本当の生活を見て、雰囲気を楽しみ、ここで生産されたものを味わって、自然の恵みの中で生きる喜びをともにして欲しい」南ヶ丘牧場は、動物とのふれあいや、オリジナル乳製品の販売はもちろん、レストランや各種レジャー、宿泊施設も完備している牧場です。

牧場主は、かつて満州でロシア人と酪農を営んでいた経験があり、レストランでは本物のロシア家庭料理を出しています。メニューが充実しており、自家製の黒パンとアイスクリームが付いたボルシチが人気で、ロシア直伝のペロシキはここの名物となっています。

那須オルゴール美術館

那須オルゴール美術館

那須オルゴール美術館はオルゴールの収集とその普及に努めた故・佐藤潔氏のメモリアルホールとして開館しました。1830年~1920年にかけて隆盛したシリンダー式、ディスク式オルゴールや、オルゴール付き自動人形など、アンティークなオルゴールを約130点展示しています。

オルゴールの演奏も定期的に行われており、館内は繊細な不思議なオルゴールの音色が響き渡っています。美術館のカフェラウンジでは、那須・茶臼岳をのぞむカフェテラスもあります。

トリックアートの館

トリックアートの館

トリックアートの館は、ペンション風の建物にトリックアートのエッセンスが仕掛けられた、見て、触って、写真を撮って遊べる参加型の珍しい美術館です。

平面の絵なのに立体的に見えるトリックアートは、大掛かりな仕掛けによるものではなく、人間がもつ錯覚を巧みに利用して感覚を楽しむものです。子供からお年寄りまで楽しめるオリジナル作品を中心に展示しています。平行なのにどうしても歪んで見える線、あるいは突然見えたり消えたりする絵、見方によって変化する絵など、不思議感覚いっぱいの美術館です。

那須りんどう湖ファミリー牧場

那須りんどう湖ファミリー牧場

人工湖であるりんどう湖を中心に、楽しい施設が満載の那須りんどう湖ファミリー牧場は、乗馬から乳しぼり、ゴーカートなど、家族みんなで遊べる施設が用意されています。スイスをテーマにした総合レジャーランド・パークの園内には、一部ラック(歯型)レール区間のある本格的な「スイス鉄道」もあります。

子供向けの催し物も豊富で「ふれあい動物コーナー」など動物と出会えるポイントもかなり多く、園内はペット同伴も可。四季の花、茶臼岳を見晴らす眺望に恵まれ、レストラン・軽食コーナーも充実し、本格的スイス料理も味わえます。

↑ PAGE TOP